あなたが抱えている借金返済の悩みは「債務整理」により解消できます。一人で悩まずにまずは相談をしましょう。
和解交渉と和解

利息制限法による引き直し計算が終わったら、業者との和解交渉をはじめていきます。
親族等がお金を用意するような特殊な場合でない限り、一括ではなく分割で返済していく旨の和解交渉を行うのですが、業者が応じるのはだいたい36回(3年)から60回(5年)払いが一般的です。
なお、弁護士、司法書士は、和解契約後に借金を返済していく期間に発生する利息(これを将来利息と言います)をカットするという内容で和解契約を結びますので、和解契約後は、借金の元本だけを返済していけばよいということになります。
弁護士、司法書士と業者の両者が納得できる和解案が出来上がったら、いよいよ業者と和解契約を結びます。
和解契約を締結すれば、後は契約内容にしたがって返済していくだけです。

あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!